SQL 2008 SP2リリース


9月29日に、SQL Server 2008 Service Pack 2リリース版が出てました。

ダウンロード

Service Pack 2 は次のような内容のようです。これまでのMS提供SPと同様に、SP1があたってなくても一気に適用可能との事。 R2との親和性等が、新しい機能のようです。(最近は、ライフサイクルがはっきりしてる為か、あまりSPリリースされてもニュースにならない気がします。)

  • SP1 CU1 ~ CU8までの、すべてのリリース済みホットフィックス
  • 約80以上を確認 List of the bugs that are fixed in SQL Server 2008 Service Pack 2
  • SharePoint 統合モードの Reporting Services: SharePoint2007向けReporting Services アドインのアップデートなど
  • データ総アプリケーション(DAC:data-tier applications)サポート: SQL 2008 R2 の SSMS から、SQL 2008 SP2インスタンスに対して、DACが実行できるようになる
  • 最大15,000 個のパーティション分割サポート ※Enterprise, Developer, Evaluationのみ

※SSMS (SQL Server Management Studio)

同時に、NativeClientなどの個別ソフトであるFeaturePackもリリースされています。このあたりまで、日本語で(機械翻訳でなく)説明がそろっているのは、うれしいです。

当社でも、開発環境での検証を始めて、サービス適用まで進めていきます。

あ、そういえばReleaseNoteはWikiが採用されてますね。これまで気付きませんでした。

  1. #1 by hara on 2010/11/25 木曜日 - 21:04:52

    11月末からMicrosoft Updateでも、SQL Server 2008 SP2の配信が始まっているそうです。WSUSでも可能との事。

    http://blogs.msdn.com/b/sqlreleaseservices/archive/2010/11/23/sql-server-2008-service-pack-2-is-now-available-on-microsoft-update-mu.aspx

Comments are closed.