Archive for category リファレンス

設定ファイル

設定ファイル
設定ファイル「GARAKU.setting」により各種設定が可能です。

  • 値設定方法
    [例]
      <SomeValueNumber>3</SomeValueNumber>
    <SomeValueString>Some string<SomeValueString>
    <SomeValueBoolean>true<SomeValueBoolean>
  • 設定詳細
    • ImgConversion
      ○RescaleFilter:    画像を縮小する方法

        0* // Box, pulse, Fourier window, 1st order (constant) b-spline
        1 // Mitchell & Netravali’s two-param cubic filter
        2 // Bilinear filter
        3 // 4th order (cubic) b-spline
        4 // Catmull-Rom spline, Overhauser spline
        5 // Lanczos3 filter
        (Default: *)

      ○Dither:    1bitモノクロ画像を作成する方法

        0* // Floyd & Steinberg error diffusion
        1 // Bayer ordered dispersed dot dithering (order 2 dithering matrix)
        2 // Bayer ordered dispersed dot dithering (order 3 dithering matrix)
        3 // Ordered clustered dot dithering (order 3 – 6×6 matrix)
        4 // Ordered clustered dot dithering (order 4 – 8×8 matrix)
        5 // Ordered clustered dot dithering (order 5 – 16×16 matrix)
        (Default: *)

      ○ColorQuantize:    フルカラー画像を256色画像へ減色する方法

        0* // Xiaolin Wu color quantization algorithm
        1 // NeuQuant neural-net quantization algorithm by Anthony Dekker
        (Default: *)

      ○ConvertCountMax:    変換回数の限界回数

        1 < = ConvertCountMax
        (Default: 5)
       
        ※ 変換後のデータサイズが指定したメモリサイズよりも大きい場合には縮小比率を再調整しもう一度縮小を試みます。
        NextSizeDownRatio = CurrentSizeDownRatio * √(TargetMemorySize / ConvertedMemorySize)
        ※ ここで指定する回数変換を試みても目標に達しない場合は最後の変換画像を出力します。

      ○Enlargement:    サイズ変換時に拡大するかしないかの指定

        (Default: true)  
        1 ~ 100
        (Default: 75)

      ○EnvMergeMode:    変換対象環境併合モード

        0* // ブラウザが持ってくる環境情報を取得し、取得できなかった値に更新用定義ファイルの値を利用する
        1 // 更新用定義ファイルの環境情報を取得し、Nullだった値にブラウザが持ってくる値を利用する
        (Default: *)

      ○CopyrightProtection:    画像に著作権保護情報を付加するかしないかの指定

        (Default: true)

      ◇BrowserMaster
      ○DBCS:    更新用定義ファイルのパスを指定

        (Default: “Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0; Source=[DLL配置パス(自動)])BrowserMaster.mdb; “)

      ◇Cacher
      ○CacheFolderDeirection:    キャッシュフォルダのパスを指定

        (Default: “Cache”)
       
        ※ 相対パスと絶対パスが指定可能です。
        相対パスの場合はDLLが配置されているパスかベースとなります。

      ○CacheClearAtInitialize:    起動時キャッシュクリア指定

        (Default: “true”)
       
        ※ 起動時にキャッシュをクリアするかどうか指定します。
        クリアしない場合は前回起動時に溜めたキャッシュが使用されます。

      ○Cache:    キャッシュをするかしないかの指定

        (Default: “true”)

      ○Exclusive:    キャッシュフォルダへのアクセスを排他にするかしないかの指定

        (Default: “true”)
    • ConversionRequestPrototype
      ○Width

        (Default: 100)

      ○Height

        (Default: -1)

      ○SizeUnitMode:    Width、Heightのモード

        0 // raw value[pixel]
        1* // 端末のブラウザ画面サイズに対する割合[%]
        2 // 元画像に対する割合[%]
        3 // 端末の待ち受け環境に対する割合[%]
        4 // 端末のブラウザ画面サイズに対するBOX変換[%] (必ずブラウザ画面サイズに収まるよう変換されます)
        5 // 端末の待ち受け環境に対するBOX変換[%] (必ず待ち受けサイズに収まるよう変換されます)
        6 // 端末のブラウザ画面サイズに対するBOX変換[%] (画像クロップによってブラウザ画面サイズに収まるよう変換されます)
        7 // 端末の待ち受け環境に対するBOX変換[%] (画像クロップによって待ち受けサイズに収まるよう変換されます)
        (Default: *)

      ○Format:    出力画像のフォーマット

        0* // unknown
        1 // bmp
        2 // gif
        3 // png
        4 // jpg
        (Default: *)

      ○DataSize

        (Default: 85)

      ○DataSizeUnitMode:    DataSizeのモード

        0 // raw value[byte]
        1* // 端末環境に対する割合[%]
        (Default: *)

      ○CropPositionX:    クロップ時の表示位置指定(横)

        0 // left
        1* // center
        2 // right
        (Default: *)

      ○CropPositionY:    クロップ時の表示位置指定(縦)

        0 // right
        1* // middle
        2 // bottom
        (Default: *)

No Comments

キャッシュ

キャッシュ

変換処理は負荷の高い処理なので変換後の画像を次回のアクセスに備えてキャッシュします。
キャッシュは指定フォルダ内に1キャッシュ1ファイルとして保存されます。
ブラウザは別でも画面幅や対応フォーマット情報などが全く同じであれば
キャッシュファイルが使用されます。

No Comments

画像変換

画像変換

アクセス先の画像をアクセスしてきたブラウザ向けに画像サイズ・フォーマットを変換します。

  • 変換要求
    • 設定ファイルをQueryStringの指示で上書きして変換します。
      (name)
      w : width (-1[無指定])
      h : height (-1[無指定])
      both : 指定した値をwidth,heightともに設定 (例:both=80 → w=80&h=80 と同等)
      su : width, height のモード  
        (value)
      rv : pixel
      ep : 端末のブラウザ画面サイズに対する割合[%]
      ip : 元画像に対する割合[%]
      mp : 端末の待ち受け環境に対する割合[%]
      ibp : 端末のブラウザ画面サイズに対するBOX変換[%] (必ずブラウザ画面サイズに収まるよう変換)
      mibp : 端末の待ち受け環境に対するBOX変換[%](必ず待ち受けサイズに収まるよう変換)
      obp : 端末のブラウザ画面サイズに対するBOX変換[%] (画像クロップによりブラウザ画面サイズに収まるよう変換)
      mobp : 端末の待ち受け環境に対するBOX変換[%](画像クロップにより待ち受けサイズに収まるよう変換)
      f : 出力画像フォーマット  
        (value)
      “” : auto
      jpg : jpg format
      png : png format
      gif : gif format
      bmp : bmp format
      d : datasize (-1[無指定])
      du : datasize のモード  
        (value)
      rv : byte
      ep : 端末環境に対する割合[%]
      cx : x crop  
        (value)
      l : left
      c : middle
      b : bottom
      cy : y crop  
        (value)
      t : top
      m : middle
      b : bottom
      • 変換要求サンプル
        [例1] 端末の幅80%に変換する場合
          /abc.jpg?w=80&su=ep
        [例2] 画像がブラウザ画面に収まり、かつ、幅あるいは高さのどちらかが100%になるようなBOX変換
        (画像全体がブラウザ画面に収まる範囲で最も大きく表示されるようにBOX変換)
          /abc.jpg?both=100&su=ibp
      • BOX変換に関して
        BOX変換では、元画像の幅と高さの比が画像変換後も変わらないように変換を行います。
        GARAKU FPのBOX変換は大きく分けて以下の2種類です。
          ibp:
            画像は表示領域に収まる範囲で最大の大きさに変換されます。
          obp:
            表示領域全体に画像が表示されるように変換されます。その際、表示領域をはみ出した部分は切り取られます。
         
        [変換例]
        ブラウザ画面の幅が120[px]、高さが180[px]の端末に、幅180[px]、高さ240[px]の画像をBOX変換して表示する場合
          クエリ: both=100&su=ibp
            幅120[px]、高さ160[px]に変換。ブラウザ画面内に画像全体が収まる。
          クエリ: both=100&su=obp
            幅135[px]、高さ180[px]に変換。横にはみ出した部分は切り取り、ブラウザ画面全体に画像が表示される。
      • f(出力画像フォーマット) に関して
        auto(“”: Default)
          元画像がフルカラー画像の場合 :
            以下の優先順位に従って端末環境と照らし合わせて選定
            JPG
            PNG
            GIF
            BMP
         
          元画像が256色画像の場合 :
            以下の優先順位に従って端末環境と照らし合わせて選定
            PNG
            GIF
            BMP
         
        jpg,png,gif,bmp のいずれかを指定した場合はそのフォーマットでのみ出力されます。
         
        ※出力フォーマット詳細
          JPG : high color  
          PNG : 256 colors  
          GIF : 256 colors  
          BMP : 1bit monochrome  
      • デフォルト値
        設定ファイルのデフォルト設定のためデフォルトでの変換指示は以下のようになります。
          w=100
          h=-1
          su=ep
          f=    (無指定)
          d=85
          du=ep
          cx=c
          cy=m
  • 著作権保護情報の付加
    変換された画像にはデフォルト設定で著作権保護情報が付加されます。
    著作権保護情報が付加された画像は他の端末への転送(Eメールへの添付等)を行うことができなくなります。
    付加される識別子は更新用定義ファイル(CopyrightString)により指定します。
     
    ※Vodafoneの著作権保護について
      Vodafoneでは JPEG, PNG の拡張子をそれぞれ jpz, pnz と変更することで著作権保護を行うため、画像変換機では著作権保護情報の付加を行いません。
      著作権保護を行いたい場合は元画像の拡張子を変更してください。

No Comments