SQL Server ミラーリングがなくなる日


SQL Server 2012の新機能をみてたところ、次のmsdnに遭遇。そうか。。。Always-Onの出現によって置き換わってしまうか。2005からの機能だから約10年で置き換わる感じですかね。

この機能は、将来のバージョンの Microsoft SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業では、この機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションは修正するようにしてください。代わりに AlwaysOn 可用性グループを使用してください。

マイクロソフト社のルールだと、確か予告のあった次のバージョンから無くなる可能性があるとなってたと思うので、SQL Server 2014(勝手に採番)には搭載されない可能性大ってことですね。

ミラーリングは、同期モードだとインスタンス3ついるし、構成大変ではあったのですが、クラスタ組まなくても自動フェイルオーバーできるという安心感もあって存在意義あったかなと思います。
AlwaysOnは、データーのフロー図を見る限り、ミラーリングよりもミドル層(AG層?)が増えててレスポンスがあがってそうな期待感は持ちました。

残念なのは、後継のAlwaysOnがEnterpriseエディションでしかサポートされてないこと。いつもの感じだと、新機能がついた次期リリースでは、下位エディションにも制限版機能が付くことが多いのだけれども、どうなるのだろうか。

個人的には、そういう重厚な機能が欲しい人は、Azureへっていう流れになってくような気がしています。

Comments are closed.