Posts Tagged Windows

BitNami::Redmine [win] をアップグレード(2)

BitNami::Redmine [win] をアップグレード(1) の続きを紹介。

アップグレード手順

BitNami::Redmineをアップグレードする手順は、大まかに次の通り。前回紹介したリンク先の説明を組み合わせて実施しました。Windows版の操作のみを追いかけます。

Read the rest of this entry »

, , ,

2 Comments

BitNami::Redmine [win] をアップグレード(1)

運用している BitNami::Redmine (1.3.1)を、最新の 1.4.3にアップグレードしてみました。まずは検討を行ったステップについて。

既存と最新比較

BitNami::Redmine (1.3.1)は、次の手順でインストール済み。

6/18現在、次の3種類が存在(BitNami Redmineスタック)。不具合修正だけなれば 1.3.2。今回初めてのアップグレードだったので、2.0.2はRailsのバージョンが大きく違う不安があり、1.x系の最新の1.4.3-0を選択。
Read the rest of this entry »

, , ,

No Comments

BitNami::Redmine を Windowsにインストール(2)

前回BitNami::Redmine を Windowsにインストール(1)で、インストールまでを説明。今回は、ちょっと苦労したSSL化のメモ。最終的には、Tracがインストールサーバー上で共存させようという発想から、ポートを分けて運用することにしました。

SSL化に必要だった手順

  1. 証明書の準備(今回は、自己証明書)
  2. 証明書をApacheに設定
  3. POSTした時のリダイレクト先を443にする

最後の仕様があったので、443オンリーでの運用を行っています。

Read the rest of this entry »

, , ,

No Comments

BitNami::Redmine を Windowsにインストール(1)

Windows環境にredmineを導入したく、BitNami::Redmineを選択。インストール~SSL化までを行ったメモを何度かにわけて記載したいと思います。

今回は、構成の確認~インストール~インストール後の状況まで。

Read the rest of this entry »

, , ,

No Comments

ADとの認証連動:Samba+Winbind+RID on CentOS 5.7 (概要)

社内LANにLinuxを増やしたので、ADに加入させる方針で作業を行う。いくつかTIPS的なところに遭遇したので、概要・詳細の2回にわけてレポートしてみます。

作業の全体像と、理解

作業対象として、次のような環境を前提とします。Domain数やForest数は、作業に影響はないかと思いますが念の為のメモ。

対象
接続先DC Windows Server 2008 R2
AD環境 1 Domain / 1 Forest
メンバーサーバー CentOS 5.7
連動構成 Samba3.x + Winbind(認証方法) + RID(uid/gid取得方法。idmap機構で使う)

Read the rest of this entry »

, ,

4 Comments