iPhone対応とは?

ここ最近「iPhone対応してと言われているんですがそもそもiPhone対応ってなんですか?」といったご相談が最近多く寄せられています。

答えは条件や目的によってケースバイケースですが、今回はまずは一般的にいわれているiPhone対応についてをお送りします。

まずはiPhoneのユーザービリティや機能を加味して作られたサイトを見てみましょう。
http://cssiphone.com/

http://iphonedesignarchive.jp/

これらで取り上げられているiPhoneサイトに共通していることは以下の5点です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1.コンテンツが軽い

3G回線などでアクセスする場合は、サイトを表示するのにも時間が掛かかる為。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

2.ズームと横スクロールを使わないでサイトが閲覧できる(=ズーム機能無効化)

ズームとスクロールを駆使しながら目的のものを探したり長文を読むのは非常に面倒な操作になる為。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 3.ボタン、リンクが押しやすい

誤って近くのリンクを押してしまうことも少なくない為。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 4.Flashを使っていない

Flash非対応の為。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

5.画面は縦でも横でも1~4の挙動になる。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 これらをなるべく考慮してサイトを作成することをiPhone対応、全てを満たした対応のことをiPhone最適化と呼びます。

関連 iPhone対応とは 続編はこちら

コメント 停止中